1.名も無き台湾人
6月はじめに長野に行ってから2ヶ月がたってしまいました、、、
もうすぐ9月になってしまうので、今急いで書いています!

これが私の6/4〜6/8の5日間と4泊の日程です。

     6/4(火)6:40スタート、東京→長野(姨捨の夜景)宿泊施設:長野ドーミーイン

     6/5(水)長野→上田(上田城/柳町)→別所温泉 宿泊施設:長野ドーミーイン

     6/6(木)長野→(高速バス)白馬八方 宿泊施設:白馬ハイランドホテル

     6/7(金)白馬→松本→扉温泉明神馆 宿泊施設:扉温泉明神館

     6/8(土)松本→東京 22:00バニラエア搭乗



2017年に長野に行ったとき妻籠宿、奈良井宿、上高地に行ったので今回はどこへ行けばいいか迷いました。

何度も考え、上田城と別所温泉の二つを加えましたが、焦点は白馬八方にあるため、旅程はこれまで以上に行き当たりばったりです。


  しかし、私が最も急にひらめいたこと、そして私が最も楽しみにしていることは、宿泊の4泊目である-扉温泉明神館です!




昨年の知床グランドホテルに続いて、個人的な最高値を突破したのは今回が2度目です。

の高級温泉ホテルのことは前から知っています。

ある日、日本の雑誌で旅行スポットを探していたとき、松本周辺のおすすめホテルのページに小さな画面が見えました。
ちらっと見て、少しいいと思ったので、オンラインで確認しました、この意図しないチェックは期待していませんでしたがブロガーの記事を見てみると

なんと全体が燃えています!


この夏の景色はあまりにも美しいです! 緑の下に立つのは夢のようです!

このホテルを見に一晩泊まりたいです〜

しかし、価格は安くないので、数日間考えさせられました。

しかし、結局のところ、欲望が理性を押さえつけ、または旅程に入れることを決定しました。

さらに、金銭感覚が狂っていたので、私は部屋の中に半露天風呂が備え付けられている部屋を選びました!wwwww


扉温泉は松本市の郊外にあり、名原温泉方面から車で約30分のところにあります。

松本は4回くらい来たことがありますが、
毎回乗り換え駅、または上高地への入り口だったので、今回ようやく郊外に行き、松本にもこんな温泉旅行があることを知りました。

温泉民俗博物館にはシャトルバスがあり、松本で電車に乗ることができます。

2つのタイムスロットがあり、事前に予約する必要があります。

翌日チェックアウトした後、松本に戻る便を予約しおくと便利です。

朝、白馬から松本に戻り、松本市内を散策した後、15:15の車に乗って早めにホテルに向かいました。

シャトルバスの予約中、ホテルの朝食と夕食の選択についても尋ねました。

温泉温泉博物館には2つのレストランがあり、1つはフランス料理、もう1つは日本料理です。

日本料理レストランは昼間の眺めが良いため、夕食にはフランス料理、朝食には日本料理を選択することをお勧めします。
とても美しい!

また、フランス料理のメインコースには何にしますか? 料理長特製のアップグレードは必要ありますか?と聞かれ
私はアップグレードしましたwwwww。

この日は白馬八方ハイランドホテルから松本に行きました。

前夜、私はまだ雪が積もってない八方池に行った後、温泉を楽しみに旅館で酒を飲んでいました。

今日は雨の日のために松本に戻り、傘をさしてロープを歩き、街の真ん中でコーヒーを飲みに行きました。

時間を見て、松本駅に戻ってシャトルバスに乗る準備をし、扉溫泉明神館のバスがゲストを待っているのが見えました。


30分の運転の後、ようやく到着しましたが、車の前には暗い森しか見えませんでした。

ここがホテル?と思いました

さらに進んでいくと、扉溫泉明神館の看板が見えます。

もちろん、このような高級ホテルでは、自分で荷物をカウンターに持っていく必要はありません。

ドアを開けると、とてもロマンティックな雰囲気のロビーに連れて行かれ、チェックイン。

アンティークの椅子とターンテーブルのラウンジでお茶を飲むことは、時間を忘れさせてくれます。

午後は、柔らかな太陽の光が緑と混ざり合い、窓から部屋に流れ込み、テーブルの反射がこの濃い緑色を反映しています。

老夫婦がアンティークのソファーに座って、この瞬間を楽しんでいます。

sGP4Uoi

X9wjbpW



女将が私のところに来て、朝食と夕食を確認し、さらに私はここで夜を過ごす必要があるかどうか尋ねられました
私が最初に温泉旅館に泊まり、夜を過ごすように頼まれたとき、私はすぐに言った:OK。

部屋に行く途中、簡単な英語で会話しました

私:立ち湯がとても美しいと聞きましたが? 私はそれが目的で来ました!

女性:あら! それじゃあ、日没前に温泉に行ったほうがいいわね。

それから私は部屋に行きました、私は悲鳴を上げるしか仕方がありませんでした:

うわ〜とても広い!


私は半露天風呂付の部屋で、スペースが広く、フレンチレストランは出口の反対側にあります。

寝室に入るにはさらにいくつかのステップが必要です。
左側には半露天風呂があり、窓の外の緑の景色を楽しむことができます。

温泉を見ると酔っ払ってるので、今すぐ飛び入りたいです~~


部屋はもちろん、布団を敷くためののスペースを除いても非常に広いです。

ティーエリアもあり、冷蔵庫の飲み物は無料で、自由に飲むことができます。

菓子ももちろん無料です!


女将が去った後、私は写真をクレイジーに撮り始めました。

この時点では照明が美しいため、部屋の照明をオフにすると、窓の外の緑がテーブルに映ります。

ガラス張りの明るい家にいるようなものです。部屋で楽しんでください!

目の前の景色があまりに幻想的過ぎて、夢のようです〜


U5lzl4d

太陽が沈むと暗くなってきたので、夕食前にリラックスしましょう。

それで私はすぐに服を脱ぎ、部屋の半露天温泉に飛び込みました。

うわ〜本当に快適!

こんな素晴らしい温泉を一人で楽しむことができてとても幸せです〜


夕食レストランは部屋のすぐ外にあり、浴衣で行きました、浴衣を着るのは少し厄介です。

さらに、私は日本語がわかりませんが、ウェイターは英語がわかります。

西洋人のウェイターもいます(西洋の観光客が多いです)

しかし、結局のところ、料理は難しいことを紹介します。英語ではよくわかりません。
とにかく、最も重要なことは、ワインを開くこと、ワインを開くこと、ワインを開くことです! !

私は通常、ビール以外のアルコールを飲むことはめったにありません。

一方で、この旅行は仕事を疲れさせることだったので、前の晩にたくさんの日本酒を飲みましたwwww

今日、温泉で2種類のお酒を開けました。はははははは、

私がステーキを食べていたとき、私はほとんど手を振ってウェイターに赤ワインを開けるように頼みました:P

初めてワインを注文したとき、私は価格を見ていませんでしたので、食事に適したワインをお勧めするようウェイターに尋ねました。

私はそれを試し、それが良いと感じました。

ウェイターは尋ねました:これでいいですか?多すぎますか?

私:ちょうどいいです(どれだけ酔っぱらいたいんだXD)

それから、おそらく英語で料理を紹介するのはあまりにも疲れていると思います。

実際、あまり真剣に考えなくても構いません。

食事のメニューは忘れました。

要するに、高級ホテルの西洋料理は手が込んでいて、最初は少し恥ずかしいです。
しかし、白ワインを数杯飲んだ後は楽しいです。

料理がテーブルにくるのを待って、私はほかのテーブルをみていました。

それらのほとんどは日本人であり、カップルが多く、子供は少なかったです。

それから多くの西洋人旅行者もいます。

このように、私は飲んでおいしい夕食を食べました。

夕食が終わると、私は部屋に戻り、ベッドが置かれ、夕食さえもテーブルに置かれました!

休憩してから、私が最も楽しみにしている温泉の時間です!

雪月花はここで最も人気の温泉です。

誰もいないときに温泉に行き、森の家全体を楽しみたいので私は別の温泉「白龍」に行きました。

白龍もとても快適です。夜は景色が見えません。

しかし、戸外のスープの池では、新鮮な空気と夏のそよ風を感じ、快適で眠くなります

白龍の後、快適で、ほとんど寝ていましたXD


しかし、まだ観察するために雪月華に行くと、ああ〜誰もいないように見えます!

すぐ温泉に入る準備をして、ドアを開いた瞬間.....

わあ! とても美しい!

無題


壁全体がくり抜かれており、障壁はありません。

あなたの前では、あなたは完全に本物の木でいっぱいです。

夜に屋外の景色を見るのは不可能ですが、

しかし、光の投射によって、暖かい緑が反射され、まるで森で水浴びをしているようです。

のんびりしていて、とても快適です、とても快適です~~

雪月花は立ち湯であるため、より深く、2つのセクションに分割されます。

横に行くと、1段低くなります。あなたがまっすぐに立つことができるように

無意識のうちに、私は目を閉じました。
この瞬間は本当に素晴らしい....

夜もとても美しいですが、日中はもっと珍しいでしょうか?

翌朝の温泉が楽しみです!


おやすみなさい


朝の光が緑に溶け込み、内部は鮮やかな色で満たされ、虫や鳥が鳴き、小川の音は自然の最も心地よい目覚ましです。


もちろん、この高級ホテルはチェックアウトしなければならないので、今日の11時にシャトルバスを予約して松本駅に戻りました。

朝は朝食をとり、入浴し、のんびりする時間はたくさんあります。

朝食は和食レストラン「TOBIRA」で提供しています。

エリアへの入場も素晴らしいです、

床から天井までの大きな窓と高いスペースは非常に穏やかで落ち着いています。

両側は厚い森に囲まれています。

あふれる緑を見て、早朝に目をエネルギーで満たしてください。

このような静かでエレガントな環境での食事は本当に素晴らしいです!

料理はとても和風の料理で、一見シンプルに見えますが、

しかし、一口一口はとても繊細です。

昨夜の豪華さと絶妙さと比較して、すこし新鮮です!


もちろん、朝食を食べ終えた後、私は雪月花に行きます!

興奮しながら扉を開けると、この写真は私たちの前に映っています...
V3gdsd8


神様、ああ!


インターネット上の写真は本当に欺くものではありません。

太陽は屋外の緑の木々をより緑に染め、葉は風に揺れました。

時々呼び出される昆虫は、夏の雰囲気をより活発で強烈にします。

水面はゆらぎとともに徐々に落ち着き、緑の鏡の夢のような美しさを反映しています。

この瞬間を見て楽しむことができてとても幸せです!

誰もいない温泉を撮影するために、私は長い間待っていたと言わなければなりません.....

(ps。一般的に、大きなお風呂は撮影できません。

   しかし、私はホテルに写真を撮ることに同意し、それをブログで共有することに同意しました!



待ちに待った温泉に入り、夢にまで見た景色を楽しみました。
立ち湯「雪月花」を楽しんでから、もう1つの寝湯「空山」にいきました
うわ〜空山も非常に良いですし、快適に横たわることができる温泉です、スーパーリラックス!


部屋に戻って、まだ時間が残っているかどうかを確認します。

そして...私は部屋で半露天風呂を楽しみ続けました。



午前中に3種類の温泉に入って、とても快適だったので、チェックアウトに耐えられませんでした...


ここは時間の経過を忘れさせてくれるほど美しいですが、チェックアウトは必ずやって来る...

もう1泊滞在するお金がないXDD


実際、入浴、くつろぐ、そしてまた入浴...の無限ループをすれば、一泊で十分です:P

前日にチェックインし、翌日の11:00にチェックアウトすることをお勧めします。

森の小川に隠されたこの美しい秘湯を完全かつ完全な方法でお楽しみください。

みんなにお勧め!

著者のブログ:https://wp.me/p5zcal-43R


2.名も無き台湾人
とても美しいです、私もそれを検索したことを覚えています。
でも価格を見ると、手は萎縮してしまいます。

3.名も無き台湾人
本当に天国にあるかのような景色だ

4.名も無き台湾人
私もこの紹介を見ましたが、実際のシーンはとても美しいです。

5.名も無き台湾人
素晴らしい~~

6.名も無き台湾人
とても美しい!

7.名も無き台湾人
本当に美しい! とても価値があります。

8.名も無き台湾人
うわー、すごい、行けるチャンスがあるといいな。

9.名も無き台湾人
12月に部屋を予約しました。雪景色を楽しみにしています


扉温泉 明神館のご予約はこちらから