新種恐竜「カムイサウルス」と命名。アイヌ語由来、意味は「日本の恐竜の神」

北海道むかわ町で発掘された「むかわ竜」が新種の恐竜だと認定され、これに伴い「カムイサウルス・ジャポニクス(Kamuysaurus japonicus)」と言う学名が付けられた。イギリスの科学誌「サイエンティフィック・スポーツ」に9月5日(日本時間6日)、論文が掲載された。

「カムイ」はアイヌ語で「神」を意味する。「カムイサウルス・ジャポニクス」は直訳すると「神トカゲ」という意味になる。

発掘調査の指揮を執った北海道大総合博物館の小林快次教授は「日本の恐竜の神という意味を込めた」と命名の由来を語り、「日本で恐竜化石中で一番保存のいい全身骨格で、日本を代表する恐竜」と語った

カムイサウルスは、全長8メートルにもなるハドロサウルス科の大型恐竜。恐竜が絶滅する白亜紀末期に生息したとされる。2003年に尾の一部が発見され、国内最大となる全身の8割以上の骨が見つかった。

通常のハドロサウルス科の恐竜と異なり、頭にはトサカが付いていた可能性が高く、海岸線で集団で生活していたと考えられている。

「カムイサウルス・ジャポニクス」の命名が決まった9月6日は、奇しくも最大震度7を記録した北海道胆振東部地震から1年の節目の日。

国立科学博物館で記者会見した竹中喜之町長は「復興を目指している向井町との、なにか運命的なものを感じている」 と語った。

「恐竜博」も展示を変更

国立科学博物館で開催中の「恐竜博2019」でも、「むかわ竜」という展示タイトルの下に「カムイサウルス」を表示。先着10万人を対象に、カムイサウルスの特製カードを配布するキャンペーンも打ち出している。(HUFFPOST)

引用:PTT

1.名も無き台湾人
銀魂か

2.名も無き台湾人
神楽は好きだ

3.名も無き台湾人
無限月読

4.名も無き台湾人
厨二っぽいの名前だ

5.名も無き台湾人
かっこいい

6.名も無き台湾人
海納百川 神威如獄

7.名も無き台湾人
万華鏡写輪眼

8.名も無き台湾人
異世界に物を移せますか?

9.名も無き台湾人
私はIKEAと発音します

10.名も無き台湾人
強そうだ

11.名も無き台湾人

ゴジラだ

12.名も無き台湾人
神威無敵大將軍

13.名も無き台湾人
爆熱神威掌

14.名も無き台湾人
恐竜ってアホなんじゃないの

15.名も無き台湾人
神威の妹は神楽ですか

 ↑
16.名も無き台湾人
 お父さんは頭がはげているのだろうか

 ↑17.名も無き台湾人
 お母さんはとても美人のはずだ

18.名も無き台湾人
厨二病やん

19.名も無き台湾人

超厨二だXD

20.名も無き台湾人
厨二病だ~