故人とコミュニケーションできる!?ユニークな次世代型スマート仏壇「コハコ」

現代の暮らしにあった“対話型インターフェース”仏壇

 生活様式の変化に伴い、仏壇を置く仏間を設ける家庭も少なくなり、大きさ、デザインが現在の住宅事情に合わない仏壇は置き場所に悩んでしまう。仏壇を置かないという選択も多いのが現状で、先祖や故人をしのぶ習慣が希薄になりつつある。

 そんな現代の暮らしに合わせ、どこにでも置けてどんなインテリアにもフィットする仏壇を、というコンセプトで開発されたのが“対話型インターフェース”仏壇「コハコ」 だ。

遺影、位牌、おりん、お線香の機能を内蔵している「コハコ」は、幅200mm×奥行200mm×高さ280mmと電気ポットほどの大きさで、家電のようなシンプル外観ゆえ、どんな部屋にも合うデザインだ。 

大きな特徴は故人とコミュニケーションができるということ。仏前の前に立つとセンサーにより起動、「おとうさん」「おじいちゃん」など故人に呼びかけると、センシング技術により呼びかけた人の顔と音声を認識してモニターに遺影が現れる。

前面にあるLEDセンサーをタッチするとおりんが鳴って、上部のアロマディフューザーからお線香の代わりとしてアロマが出る。仏前で手を合わせるとモーションセンサーが反応し、画像が変化。仏前から離れるとセンサーにより自動でオフする。

後部に収納されている位牌はUSBメモリを兼ねていて、生前の写真や映像など、故人に関わる画像データを仏壇内に保管しておくことができる。呼びかけで現れる画像や映像も位牌のUSBメモリから選んで表示。位牌は6柱まで入る。

また、終活として生前に本人が子供や孫に遺しておいた映像を位牌のUSBメモリに保管すれば、誕生日や入学式といった故人が設定した日時に合わせて通知音が鳴り、相手が仏前に立つと自動的にメッセージを再生することもできる。

「コハコ」はデジタルデザインを手掛けるBIRDMANと、映像クリエーションに実績を持つ二番工房がプロジェクトメンバーとなり、1年後の販売を目指している。

仏具店の監修のもと、御本尊をディスプレイに表示したり、過去帳の記録も考慮するなど仏壇としての要件も加味しつつ、仏壇の伝統とテクノロジーを組み合わせた新しいコミュニケーションツールとして企画進行中。価格は現在のところ未定。(DIME

引用:PTT

1.名も無き台湾人
オンラインであの世とつながるのか

2.名も無き台湾人
二次元の嫁を入れよう

3.名も無き台湾人
この会社は必ず倒産する
日本は伝統的だ

 ↑
4.名も無き台湾人
 会社はまさか、社内の一製品にすぎないだろう

5.名も無き台湾人
風水的に良くない

6.名も無き台湾人
科学技術と宗教の組み合わせだ

7.名も無き台湾人
毎日蒋介石の頭をしのぶだけでいい...

8.名も無き台湾人
こんなものを買う人なんていないだろう、
先祖を崇拝しているのが伝統的なのに、そんなものを受け入れるわけにはいかない

9.名も無き台湾人
ペットに変えたほうがビジネスがいいと思う…

10.名も無き台湾人
観音さま.com

11.名も無き台湾人
家に遺骨を置くのはどうなんだ

12.名も無き台湾人
ハハ、私のおばあさんはusbウイルスに感染したのか?

13.名も無き台湾人
台湾はとっくにあったのでは、私達はインターネットで礼拝します