ドコモ、ファーウェイ5G端末の採用見送りへ

【2019年09月17日】(大紀元記者張婷総合報道)「日経アジア評論」によると、日本最大のモバイル事業者であるNTTドコモは、NTTが発表する5G端末から華為(ファーウェイ)を除外することを決めた
電話サービス以外。「日経」は、今回の措置がさらに世界的に華為の設備離脱を加速させる可能性があると分析している。

「NTTドコモ」は来年春から5Gモバイルサービスを開始する。日経によると、同社の干部によると、「NTTドコモ」は、スマートフォンメーカーの一部と5Gサービスの提供について交渉を進める予定だが、世界最大の電気通信設備メーカー「華為(ファーウェイ)」は交渉対象から外すという。

華為設備がインターネット上のスパイ活動やその他の不法活動に利用される恐れがあるとして、今年5月、米商務省は華為を輸出規制の「実体リスト」(ブラックリストとも呼ばれる)に入れた。これは華為が米国のサプライヤーの部品と技術を獲得することを有効に制限する。

米国の禁止措置により、華為のスマートフォンはgoogleのアプリケーションやサービスを利用できなくなった。しかし、中国以外の市場では、Googleのアプリケーションとサービスは、android携帯電話の基本的な仕様であり、Googleが提供するすべてのサービスは、Gmail、YouTube、Google Playストア、Google Pay、Googleスマートアシスタント、Googleマップなどである。これらは本質的にはアンドロイドが経験するすべての利点と核心です海外の消費者は携帯電話でこれらのグーグル製品を使うことに慣れている。

ロイター通信はグーグルのスポークスマンの言葉を引用し、米国の中国向け販売禁止措置により、華為が9月中旬に発売するフラッグシップフォンMate 30はライセンスを受けたgoogleのアプリケーション・サービスを搭載して販売できなくなったと伝えた。

「NTTドコモ」は、華為のスマートフォンを提供することは消費者の利益にならないと考えている。

日経の前報によると、専門家らはグーグルのサービス機能を失ったため、華為の今年のスマートフォンの販売台数は1000万台以上減少する見通しだという。

BBCは独立アナリストのリチャード・ウィンザー氏の言葉を引用して、「グーグルのサービスがなくて、誰も(華は携帯電話を)買うことができない」と伝えた。
多くの外国のモバイル事業者は5G製品の購入を拒否している

しかし「NTTドコモ」は、中国が5Gモバイルサービスに参加することを拒否した唯一の外国企業ではない。

英国最大のモバイル通信会社EEは5月22日、華為の将来性がより鮮明になる前に、会社が5 gサービスを開始する際、華為の携帯電話を提供しないと発表した。

EEは5月末に5 gネットワークをリリースし、そのサービスはロンドン(London)、エディンバラ(Edinburgh)、カーディフ(Cardiff)、ベルファスト(Belfast)、バーミンガム(Birmingham)、マンチェスター(Manchester)の6都市をカバーする。EEの5G製品の予定には、Samsung S10の5G携帯電話が含まれているが、5G携帯電話は含まれていない。

EE ceoのマーク・アレラ氏によると、同社は長期契約に必要な「サービス保証」を提供していない華為の5G携帯電話の発売を「一時停止」した。

世界第2位のモバイル事業者であるボーダフォン(Vodafone)も英国の会社で5月22日、中国向け機器の長期的なサポートやサービスに不確実性があるとして、5 gスマートフォンの中国向け予約を取り消した。

「日経」はこれまで、中国に対して強硬な立場を取るために、中国が直面した中国への危机は終わらないと報じていた。

華為創業者の任正非は8月20日、会社の備忘録の中で、華為が生死存亡の瀬戸際に立たされていることを明らかにした。

編集責任:林妍(大紀元
20190528-HUAMING-HONGKONG-01-1-600x366
引用:PTT
1.名も無き台湾人
また反日くるか、支那

2.名も無き台湾人
実力はないが声は大きい

3.名も無き台湾人
正解だ

4.名も無き台湾人
日本は賢い

5.名も無き台湾人
どうせもともと役に立たない

6.名も無き台湾人
中国人が買うからいいだろ

7.名も無き台湾人
包囲網が完成している

8.名も無き台湾人
支持する

9.名も無き台湾人
Kodomo

10.名も無き台湾人
中国「南京大虐殺を忘れるな」

11.名も無き台湾人
日本は本当にアメリカの話を超素直に聞く

12.名も無き台湾人
先見の明がある