アメリカで「台湾を国家と認める」署名が10万人の目標達成!ホワイトハウスが対応するだろう
d4335326
米ホワイトハウスの請願サイトに「台湾を国家と認める」という提案が登場した。(図/ロイター)

米ホワイトハウスの政策請願サイト「ウィー・ザ・ピープル(We the People)」は、「台湾が国家であることを認める」という連署を立ち上げ、国連で台湾が善戦したことを受けて、ワシントン当局が迅速に署名を積み重ね、13日午後には10万人を突破し、可決の敷居を越えた。すなわち、ホワイトハウスの官僚が提案をチェックし、公式的な対応をしなければならないということだ。

K.W.に署名したネットユーザーは10月7日、米国政府に「台湾が60年以上の独立自治国家であることを正式に認めてほしい」と要請した、11月6日までに10万人が署名すれば、ホワイトハウスに送付されて検閲を受けることができる
この案件は13日現在、正式に立件の基準を越えており、締め切り時にはすでに100,406件の署名があった。

請願文

台湾は独立した自治を行う島国で1996年に平和的に独裁から民主に移行し、初めての大統領直接選挙が行われ、他の国に人道支援や災害救助チームを派遣し、太平洋の重要な戦略的パートナーであり、米国の指導者と盟友であり、「2300万の台湾人を連合国内に代表させる時が来た。しかし、そうしようとすれば、米国だけがこの国を公式に認め、そうすれば他の国も真似することになる。」

この提案に先立って、C.C.と署名したネットユーザーの1人が、アメリカ政府に台湾の購入を提案していたことが分かった。

We the People (We the People)はホワイトハウスの公式サイトの請願システムであり、民衆は署名して政策を提案することができ、30日以内に10万人の署名が蓄積されると、ホワイトハウスの官僚は関連する政策専門家を招いて提案を検討し、正式な公式反応を発表しなければならない。(ETtoday
d4435926
引用:PTT
1.名も無き台湾人
住民投票の認証だけでは足りず、米国の認証も必要だ

2.名も無き台湾人
やはり1つの中国と台湾関係法は調整すべきだ

3.名も無き台湾人
米国「関心はあるが介入しない」

4.名も無き台湾人
トランプに何度顔を殴られても足りない=本当にMだ


5.名も無き台湾人
願掛けの池に金を投げるようなものだ

6.名も無き台湾人
これで何度目の署名か?

7.名も無き台湾人
すばらしい!

8.名も無き台湾人
無理だよ、アメリカのためにならない

9.名も無き台湾人
トランプは台湾にたくさん武器を売ってくれた…
彼をあまり困らせないほうが良いのでは?

10.名も無き台湾人
米国は一つの中国の原則と米中関係があり、一方的に原則を変更することを望んでいないと思う

11.名も無き台湾人
種をまくな
NBAがその例だ


12.名も無き台湾人
1つの中国の原則を守るとしか言いようがない

13.名も無き台湾人
台湾はまだ正式な名前がない…

14.名も無き台湾人
このような事をあとどれくらいやるのか?

15.名も無き台湾人
台湾人は自分で正名を祝えない…アメリカが何かを手伝うことを期待する

16.名も無き台湾人
この署名に何の意味があるんだ?
官僚を呼び出して自分の顔に冷水を浴びせるのは面白いか?

17.名も無き台湾人
うやむやになるだろう
憲法は中華民国で台湾なんて全然ない

18.名も無き台湾人
台湾が国になるにはまだ中華民国からの改名する過程を経ていない

19.名も無き台湾人
どうして以前にもやったことを覚えていないのか
同じようなの回答をもらっただけだ


 ↑20.名も無き台湾人
 中共はずっとアメリカと対立している
 可能性はある…

関連記事
ドイツと台湾の国交樹立の請願、署名数5万人突破、国会で審議へ