京アニ放火事件、27人の負傷者が復帰
(中央社東京18日総合外信報道)日本の「京都アニメーション」会社の第1スタジオで7月18日に放火事件が発生し、36歳33人の大惨事となり、今日で3カ月の満了となる。日本メディアによると、33人の負傷者のうち27人が仕事に復帰し、創作を続けているという。

41歳の青葉真司が日本時間7月18日午前10時30分頃、京都市伏見区にある「京都アニメーション」(アニメファンの愛称「京アニ」)スタジオの1階玄関から入ってきたところ、ガソリンと疑われる液体をいきなりまいて火をつけ、翌日の午前6時20分ごろになってようやく鎮火した。延焼時間は20時間近くで、36人が死亡、30人以上が負傷した

京都新聞によると、京都アニメーションの第1スタジオ放火事件は今日で3か月を迎え、36人が死亡、33人が重軽傷を負った

「京都アニメーション」の八田英明社長は今日、京都市で記者会見を開き、この事件への思いや会社の将来について説明した

八田さんは、現場の第1スタジオについて「見たくもない建物を見ていて、心が痛んだ」と話していた

7月18日の事故前、職場には様々な人がいたが、「いきなり姿を消してしまったのは精神的に耐え難いことだ」と話した

しかし、八田さんによると、会社には「京アニがんばれ」など世界中のファンからの温かいメッセージが届いており、相当額の寄付も受けており、ファンへの感謝のほか、犠牲者の家族や被害者の家族、社内スタッフなどにも協力しているという

八田さんは将来について、2020年1月に公開予定だった「スミレエターナルガーデン劇場版」についても、2020年4月以降に公開する予定だと話している

記者から会社再建の方向性を聞かれた八田さんは、「心を取り戻すことが一番大事だ」と、従業員への思いやりが課題だと語った

また、京都アニメーション広報部門の担当者によると、放火事件でけがをした33人のうち27人が復帰したという

関系者によると、同僚からはプレッシャーも感じていたが、支え合いながら次の作品に向けて働き始めたという。(訳:黄名璽/原稿:陳政一)(cna
AS20191018003450_comm
引用:PTT

1.名も無き台湾人
三ヶ月もかけて仕事に復帰できた人は、あまりにも偉大だ
彼らにも良い未来があることを願う、ヴァイオレットエヴァーガーデンが台湾で上映されたら、私はきっと見て爆発する!
今、小林さんちのメイドラゴンを見て、目頭が潤んでいる
約束したように見えたシーズン2も、いつなのか分からない
今は精神病患者に会ったらただ遠く離れているだけでは足りない、そいつはドアに行ってあなたの会社に火をつける!
誰かに出会ったら君は少し警戒しなければならない!さもなくば、その時何が起こるかは天の神だけが知っている!

2.名も無き台湾人
いいね

3.名も無き台湾人
;;

4.名も無き台湾人
本当にすごい


5.名も無き台湾人
普段アニメは見ないけど、とても感動した

6.名も無き台湾人
アニメの創作精神がすごい

7.名も無き台湾人
加油!
いつかきっとスミレを見に行こう!

8.名も無き台湾人
社長いいね
常に従業員を優先している


9.名も無き台湾人
ナイス社長

10.名も無き台湾人
京アニ加油!必ず新作を応援します! !

11.名も無き台湾人
今週は響け! ユーフォニアムがある

12.名も無き台湾人
加油加油

13.名も無き台湾人
犯人はどうなったんだ?

14.名も無き台湾人
頑張れ!