台湾速報【台湾の反応】

台湾の反応ブログ
台湾で話題のニュースを翻訳して紹介していきます

台湾

スレッド「消費税の新制度、国税庁の神ロジック」より
syouhizei_10percent_fukidashi
引用:PTT
1.名も無き台湾人
消費税新制&国税庁の神ロジック

日本では10月1日から消費税が8%から10%に上がることが知られていますが、実はこの税率には裏がある。

家に帰って食べるのであれば、軽減税率8%が適用されます。店内で食べれば10%の税率が適用される

まず、現行のレジではすべて二種類の税率に対応するため、ソフト・ハードは大きく更新しなければならず,店員も2種類の税率の法律と判断法を学ばなければならない。しかし多くのおじいさんおばあさんは全くできないので、思い切って店内用あるいは持ち帰りのサービスを取り消して税率を統一することができる…

持ち帰りで2%減税されるから、ファーストフード店やコンビニでは、口では持ち帰りと言って、フードを持って席に行く

それから10%の納税をした客は自分が無駄に多く税を納めさせられたと感じて、中には何人かの正義マンが走って行って店員に報告をして、店員をひどく混乱させた

この現象について国税庁は、「店員が税金の基準を判断するのは、商品を渡す時点であるということです。(つまり、お客さんが商品を持って行った後、これらのものはお客さんの私物です。お客さんは私物を持って店内に入るだけです。)」と説明している

国税庁でさえそう言っているのに、誰が10%払うのか

日本人の神ロジック


【台湾人「消費税新制度、国税庁の神ロジック」】の続きを読む

韓国瑜が日本に来た!新ニックネームは「遅刻魔」
高雄市長で国民党の総統候補である韓国瑜は再び日本に渡り、「遅刻魔(遅刻魔人)」という新ニックネームをつけられた。4日、日本のネットユーザーがフェイスブック「日台交流広場」に週刊誌の記事を掲載し、注目を集めた。「日本に恥をかかせた」「この新ニックネームは的を得ている」というコメントもあった。

日本の財政経済週刊誌の最新号は、「香港、台湾、韓国」をテーマとし、その中で台湾は来年1月の総統選挙を議題の中心とし、香港情勢が台湾総統選挙に与える影響を検討している。駐台日本記者の田中淳氏が寄稿した記事には、「台湾の遅刻魔(遅刻鬼)大統領候補の言動をめぐる議論」があった。

前半は今年9月、韓国瑜が日本の学者と会ったときの行程を述べた。
場所を突然変更したことで鳳山行政センターに定時到着した日本人学者が逆に遅刻してしまい、「今日は私が日本人を待った」とマスコミにも度量の大きさを自慢した。

その結果、日本の学者がメディアの報道後、SNSで真相を説明し、台湾世論の大きな波紋を引き起こした後、高雄市政府が日本人学者は遅刻していないことを釈明した。

後半は、韓国の瑜氏が今年7月に台湾メディアに、駐台日本事務所の日本台湾交流協会の招待を受けて、今年の秋に日本を訪問すると伝えた。結局、日本台湾交流協会が直ちに釈明に乗り出し、韓市長が日本訪問を希望し日本側が要請したというのは事実ではないことを明らかにした。

なお、この記事の見出しは「遅刻魔」を韓国瑜に対する評価としているが、最後に「次の大統領選挙で韓国の瑜が最大の疑念を抱いたのは、指導者としての品性と信頼性」と結んでいる。(newtalk
5d971f2673ed3
引用:PTT
【【台湾の反応】韓國瑜が日本に来た!新ニックネームは「遅刻魔」】の続きを読む

即位礼に米からチャオ運輸長官が出席 ペンス氏は見合わせ


【ワシントン=黒瀬悦成】米ホワイトハウスは4日、今月22日に行われる天皇陛下の「即位礼正殿の儀」に、チャオ運輸長官が参列すると発表した。当初はペンス副大統領が参列する方向で調整が進められていた。

 ペンス氏が即位礼正殿の儀への出席を見合わせるのは、いわゆる「ウクライナ疑惑」で、同氏の関与も指摘されるなど緊迫する政治情勢に対応する必要があると判断した可能性がある。

 チャオ氏は台湾出身で、息子ブッシュ政権で労働長官を務めた。夫は共和党のマコネル上院院内総務。即位礼正殿の儀にはヤング駐日臨時代理大使も参列する。(産経新聞

images
引用:PTT

【即位礼に米から台湾出身のチャオ運輸長官が出席【台湾の反応】】の続きを読む

ドイツと台湾の国交樹立の請願、署名数5万人突破、国会で審議へ

ドイツ国民による「中華民国(台湾)との外交関系樹立を求める」請願が、台北時間3日に5万723人の連署を得て、5万人を超えた。関連規定によると、5万人を超えた後、国会審議を継続するかどうかは請願委員会の審査を経なければならず、徳台国交正常化の議題が議論される見通しだ。

ドイツ国民は5月に中華民国(台湾)との外交関係樹立を求めて請願を行い、9月11日にドイツ国会請願委員会核発案番号第95643号で正式にオンライン署名を開始した。

この請願書は、中華民国は民主国家であり、国際法違反と人権侵害の中国に比べ、「人権を迫害する中国共産党は民主的自由の台湾を代表してはならない」と指摘している。ドイツが中華民国を認めないのは理解し難いとし、ドイツと中華民国の正式な外交関係の樹立を求めた。

この署名は4週間で募集した5万人に達し、台北時間の3日に50723人の署名を達成した。関連規定によると、5万人の署名の敷居を通過した後、再び請願委員会の審査を受けなければならず、与党と野党の少なくとも2人ずつが国会審議を継続するかどうかを決定しなければならない。署名自体はドイツの行政部門には法的拘束力がない。

国会に付託された後、ドイツ政府は公聴会を開き、請願書の提出者に意見を述べさせ、関係省庁は「ドイツと台湾の国交正常化」の議題が公論化されるようにしなければならない。(自由時報
600_2935233_1_1
ドイツ国民による「中華民国(台湾)との外交関系樹立を求める」請願が、台北時間3日に5万人以上の署名を集めた。(連署サイトより抜粋)
引用:PTT
【ドイツと台湾の国交樹立の請願、署名数5万人突破、国会で審議へ】の続きを読む

中国が崩壊する?米国移民局の新しい規定に「台湾」の文字

米国移民局(USCIS)はこのほどウェブサイト上で、将来台湾人がアメリカに帰化した際、米国は「米国民の帰化申請文書」(n−400)で、「台湾(Taiwan)」という本来の国籍を明記し、米国政府が発給する証書にも「台湾(Taiwan, Republic of China)」、「台湾(Taiwan, PRC)」、「台湾(Taiwan, China)」などの名称は使わない。

米国移民局が9月27日、政府のホームページに発表した資料によると、台湾のパスポートを持っている申請者は、N−400フォームに台湾を国籍国と記載することができる。
米国公民および移民サービス局(USCIS)は、「中華人民共和国台湾(Taiwan, PRC)」、「中国台湾(Taiwan, China)」、「中華民国台湾(Taiwan, Republic of China)」または「中華民国台湾(Taiwan, ROC)」を示す証明書を発行しない。

同サイトには、中華人民共和国(PRC)が中国のパスポートを持っている申請者が使う国家名であることも明記されている。

ニュースが出ると、多くのネットユーザーは熱烈に討論した。「やった、トランプは台湾独立派だ」、「再び独立」と呼ばれ、「習は大いに怒ってる」、「世界がROCを認めないが、台湾はこの国を愛している」、「米国が一中(PRC)一台(Taiwan)を認めた」、「アメリカは台湾を利用しているだけだ。全世界のどの国が台湾のために中国に対抗したい?台湾が今まで侵略されなかったのは。中国の善意ではなく、アメリカの強大な軍事力のおかげだ。」、「国民党はさっそく国旗をAIT(米国在台湾協会の前に持って行って騒ぎを起こした」、「中国は再び崩壊する」。(三立新聞網
2165372-XXL
▲中国は崩壊する?米国移民局は、帰化書類に「台湾」とだけ書くことを新たに定めた(写真/米国移民局ホームページより抜粋)
引用:PTT
【中国崩壊?米国移民局の新しい規定に「台湾」の文字【台湾の反応】】の続きを読む

国慶節祝賀レセプション 安倍首相や麻生氏が祝福メッセージ

中国が台湾の外交を圧迫している最中に、日本の安倍晋三首相は北京の反対にもかかわらず、4日、台湾の在日本福岡事務所建国記念レセプションで麻生太郎副首相と並んで、祝賀文に電話でも台湾を「中華民国」と呼び、台湾を祝福した、安倍洋子も東京で開かれた台湾国慶宴会に出席した。

台北駐大阪経済文化弁事処(総領事館に相当)福岡分処は現地時間4日午後6時30分、福岡ホテル大倉で国慶節のレセプションを開き、安倍晋三首相と麻生太郎副首相兼財務金融大臣が祝電を送った。安倍首相は電文で「レセプションが盛大に開催されますことを心よりお祝い申し上げます」と書いた。署名は「内閣総理大臣安倍晋三」。麻生太郎氏の祝電は「中華民国一〇八年国慶酒会を心から祝し、両国の友好が更に深化し、出席した来賓が日増しに発展することを祈ります。」とつづった。

昨年(2018年)2月の台湾花蓮大地震で、安倍首相は「台湾加油」と直筆で書いた。当時、日本の首相官邸のホームページに慰問文が掲載された。中国の抗議を受けたとみられ、タイトルから「蔡英文総統の文字が削除された。

安倍首相の「台湾加油」の署名が、その後、同年東京双十建国記念レセプションで正式に公開され、母親の安倍洋子、当時下院議員実弟岸信夫が会場に駆けつけお祝いし、安倍洋子さんは「日本と台湾は心が通じる」とあいさつし、息子(安倍晋三)の署名を渡し、心から台湾の今後一層の発展を願った。

今回、福岡事務所は国慶節のレセプションを開催し、安倍首相と麻生太郎氏は共に祝電を撮り、台湾を「中華民国」と呼び、祝福した。(newtalk
5d97d8e7e02ca
引用:PTT
【国慶節祝賀レセプション 安倍首相や麻生氏が祝福メッセージ】の続きを読む

第2次世界大戦後、日本国籍を喪失した台湾人3人が国籍確認を求め訴訟

日本統治時代に生まれた台湾人3人が、第二次世界大戦後に日本国籍を喪失したことを不当と判断し、近く日本の大阪地裁に日本国籍を確認するよう求める訴訟を起こした。これは日本国籍回復を求める初の裁判になった。

日本の産経新聞によると、97歳の楊馥成(ようふくせい)、92歳の林余立(りんよりつ)、85歳の許華杞(きょかき)の3人は、第二次世界大戦後に日本国籍を喪失したのは不当だと判断し、近く大阪地裁に日本国籍の確認を求める判決を出すという。

台湾人3人の代理人弁護士は、日本統治時代の台湾人が日本政府に日本国籍を保有していることを確認するよう求めた訴訟は初めてだと述べた。

同紙は、3人の訴状と関係者の発言などから、いずれも日本の台湾統治時代に生まれた台湾出身の日本人であることが明らかになったと伝えた。

1952年4月のサンフランシスコ講和条約発効後、日本政府は台湾の領有権を放棄した。1952年8月に日本と中華民国(台湾)との間で日華平和条約が発効したことにより、台湾出身の日本人が日本国籍を喪失したとする最高裁判所の判例が1962年12月に示された。

この3人の台湾人は、国連世界人権宣言に「誰の国籍も任意に剝奪できない」と明記されていると主張し、自分たちの同意なしに国籍を剝奪することはできないと主張している。3人は「生まれた当時と同じように、自分は日本人であり、現在も国籍を持ち続けている」と訴えた。

同紙によると、原告側の代理人である弁護士の徳永信一(大阪弁護士会所属)氏は、第二次世界大戦後、日本政府は中国との関係を考慮し、台湾の現実を直視しておらず、今回の訴訟は身近な人権問題だと指摘した。日本の共感意識を持つ人の声に耳を傾けるべきだ。(CNA
800x600_704121918272
日本統治時代に生まれた台湾人ら92歳の林余立さん(前)ら3人は、第二次大戦後に日本国籍を喪失したのは不当だと判断し、近く大阪地裁に日本国籍の確認を求める初めての訴訟を起こす。(中央社の写真)
引用:PTT
【第2次世界大戦後、日本国籍を喪失した台湾人3人が国籍確認を求め訴訟【台湾の反応】】の続きを読む

このページのトップヘ