台湾速報【台湾の反応】

台湾の反応ブログ
台湾で話題のニュースを翻訳して紹介していきます

野球

台湾、韓国に7-0で勝利 韓国メディア「千葉の悲劇」

台湾は12日、千葉のZOZOマリンスタジアムで投打の威力を見せ、韓国を7−0で下し、10社以上の韓国メディアから「千葉の悲劇」「台湾の悲劇」と報道された。

金卿文(キム・ギョンムン)北京五輪金メダル総監督がチームを組んで、プロオールスターチームが結成された。第一ラウンドで2点しか与えなかったが、先発の金光鉉は4回を残して台湾に退場させられた。
台湾は高宇傑の決定的な一撃で守備ラインを突破し、また胡金龍が1点を追加し、陳俊秀がスリーランで襲撃し、韓国の控室を黙らせた。試合終了の顔つきもかなり硬直していた。

結果、韓国は0対7で大敗した。多くの韓国メディアは、「千葉の悲劇」というタイトルで
「また台湾…ドーハの悲劇に続いて。今日は千葉だ」、「千葉大会は韓国が台湾に歴代最多点差で負けた」。「『千葉の悲劇』22歳の捕手と2年目の投手、台湾初の投手が韓国を抑えた」・「2003北海道(アジア選手権のこと)・2019千葉、韓国は台湾の惨状を再現」のように報道した。

中華は1勝2敗、韓国は2勝1敗。五輪への切符は台湾、韓国、豪州の中で1位にならなければ手に入らない。この勝利が台湾に希望を抱かせた。韓国メディアも、「千葉の悲劇!韓国が台湾に完封負け…五輪への道のりは不透明だ」と話した。(ETtoday
photo.php (2)
引用:PTT
【【台湾の反応】台湾、韓国に7-0で勝利 韓国メディア「千葉の悲劇」【プレミア12】】の続きを読む

台湾、日本に完敗 1次ラウンド首位通過逃す=プレミア12

(台中中央社)野球の東京五輪予選を兼ねた国際大会「第2回プレミア12」は7日、1次ラウンドB組の試合が中部・台中で行われ、台湾は日本に1-8で敗れ、同組1位通過を逃した。

同日の対戦前、ともに2戦全勝だった両チーム。台湾は、ホームで“地の利”を生かしての勝利が期待されたが、初回に2点を先制されると、3回と6回、9回にも追加点を奪われ、大量リードを許した。

打線は、日本と同数の11安打を放ちながらも、残塁が多く、9回に1点を返すのがやっとだった。投手陣は、先発した台湾プロ野球・中信の廖乙忠がわずか2回で降板するのが大きな誤算となった。

東京ドームなどで11日から始まる2次ラウンドには、日台を含む、1次ラウンド各組上位2チームの計6チームが出場。2015年の初回大会以来初となる2次ラウンド進出を決めた台湾は、1次ラウンドC組の韓国とオーストラリアより上位の場合、東京五輪への出場権が与えられる。 (中央社フォーカス台湾
20191107225333
引用:PTT
【台湾人「日本は本当に強い」台湾、日本に完敗 1次ラウンド首位通過逃す=プレミア12【台湾の反応】】の続きを読む

スレッド「プレミア12 プエルトリコ1:6台湾」より
phpZLBWUU
引用:PTT
1.名も無き台湾人
やった!



【【プレミア12】台湾がプエルトリコを下し白星発進【台湾の反応】】の続きを読む

台湾は姜建銘が5回逆転2塁打を放ち、王宗豪と劉致栄が見事に守りを守り、5—4で日本を下し、18年ぶりの優勝を果たした。

楽天に1位指名された小深田大翔が初回から俊足を披露し、先発のダン・シーウェイの152キロの剛速球をヒットにし、盗塁で捕手の張進徳を暴投させて3塁まで進塁した。

捕手の張進徳は初回にミスを犯して日本に単打で先制点を許したが、2回には打席に立ち、満塁でタイムリースリーベースヒットを打って一気に3 - 1で逆転した。しかし、日本は2、3、4回に1点ずつ追加し、2人のピッチャーが交代した。

5回、台湾の四番打者姜建銘が再びマウンドに上がり、2死1、2塁の場面で、堀誠からタイムリー2塁打のを打ち、5−4で逆転した。

姜建銘は好打のほか、台湾電投手の王宗豪は4回に登板してピンチを阻止し、一二塁の危機を解いただけでなく、さらに3.1イニング7Kを投げて無失点で台湾の勝利の鍵となった。

前回は5連勝で優勝した日本は、今回は5連勝でチャンピオン決定戦に進み、台湾は日本を破り、10連勝を切り、4期準優勝に終止符を打ち、2001年以来の優勝を果たした。(自由時報
phpLEddZX
引用:PTT
【野球アジア選手権、台湾が無敵10連勝の日本を破って18年ぶりの優勝!【台湾の反応】】の続きを読む

引用:PTT
※ドラフト開始前
名も無き台湾人
国見比呂は氏名があるか?

名も無き台湾人
BIG3+1?
i11jZWpl

名も無き台湾人
160km投げられる樹多村光が欲しい

名も無き台湾人
超大物奥川
森下は2,3チームしか指名しない
u7oC5hsl


【【ドラフト実況】プロ野球ドラフト会議に対する台湾の反応【海外の反応】】の続きを読む

スレッド「ちゅんちゅんはそろそろ日本でデビューすると思う?」より
20190728012834
引用:PTT
1.名も無き台湾人
Youtubeで峮峮(ちゅんちゅん)の動画を見てびっくりした
再生数が数十万もある
ちゅんちゅんはそろそろ日本でデビューすると思う?


【台湾人「ちゅんちゅんはそろそろ日本でデビューすると思う?」】の続きを読む

米5連覇の夢を砕いた台台湾、チーム史上3冠目達成

第29回U18ワールドカップ(w杯)野球大会の決勝戦が行われ、余謙は米国チームの打線を完全封鎖し、6.2イニング7K無失点の好投を見せた。台湾は5、8回にそれぞれ1点ずつを追加し、米国を2—1で破り、5連覇の夢を打ち破り、9年ぶり3冠目に輝いた

phpRfSZ3M
台湾がU18ワールドカップで優勝。(羅志朋摂特派員撮影)

米国先発ゴードン(Lucas Gordon)と台湾投手余謙も有効に双方の打線を抑えて激しい投手戦が形成され、台湾は、5回に先制、王順和(ワン・スンファ)が左翼線3塁安打を放ち得点攻勢に火をつけた。米国の内野守備が進む手前、次の林子崴(リン・ズーウェイ)がタイムリー2塁フライを放ち、チームの1点目をアシストした。

phpak0ecG
王順和、3塁安打で攻撃開始。(羅志朋摂特派員撮影)

phpytGN7m
林子崴のタイムリーで先制(羅志朋摂特派員撮影)

台湾の守護神余謙は、決勝戦で先発として猛威を振るい、6.2イニングを投げて3安打無失点、7三振で最高球速150 kmを記録した。余謙は7回2死2塁の場面で指の皮を剥き、退場した。
羅暐捷は左外野防卫区でしきりに美技守備を見せ、6回裏には超深遠フライを打ち、5つ星の守備が同僚や投手を喜ばせ、打者もヘルメットを脱いであいさつした。守備に貢献したほか、8回には得点圏でタイムリーを打ち、台湾に追加点をもたらした。
米国が9回裏に1点を追加して冷や汗をかいたが、幸い台湾は2−1で逃げ切り、U18ワールドカップでは1983年、2010年に続いて制覇した。

【【台湾の反応】野球U18、台湾が米国破り優勝】の続きを読む

このページのトップヘ