台湾速報【台湾の反応】

台湾の反応ブログ
台湾で話題のニュースを翻訳して紹介していきます

香港

台湾で大きな反響を呼んでいたので紹介します。

600_phpaRNFvF
(中国万歳と書かれた絵馬)
600_phpCeP53E
(「香港と台湾の独立派は死ね」と書かれた絵馬)
600_phpWfyZEl
(「台湾は中国の一部」と書かれた絵馬)

引用:自由時報
【【台湾の反応】中国人が明治神宮の絵馬に香港と台湾への暴言を書き炎上】の続きを読む

香港で抗議活動が続く中、隣接する中国広東省深※センの競技場に軍の指揮下にある武装警察の部隊が集結している映像を、外国メディアが伝えました。中国政府としては、一部で過激化する抗議活動をけん制するねらいがあると見られます。

フランスのAFP通信は15日、香港に隣接する中国広東省深※センの競技場に、人民解放軍の指揮下にある武装警察の部隊が集結している様子を捉えた映像を配信しました。

映像は、競技場の内部や周辺を物陰などから撮影したものと見られ、隊員らが訓練を行う様子のほか、大量の装甲車やトラックも確認できます。

また、競技場周辺を部隊の隊員が行き来するなど、ものものしい雰囲気となっています。

一方、アメリカの民間企業も今月12日に撮影した衛星写真を公開し、競技場内に大量の車両が駐車しています。

中国側にあるこの競技場から香港までは、およそ10キロしか離れていないとみられます。

中国共産党系のメディア「環球時報」の英語版は今月12日、武装警察が大規模な訓練のため深※センに集結していると伝えていました。

香港では、今月18日にも再び大規模なデモが呼びかけられるなど抗議活動が収束する見通しは立っていません。

こうした中、中国政府としては、隣接する深※センに治安維持を担う武装警察を集結させ、介入を示唆することで、一部で過激化する抗議活動をけん制するねらいがあると見られます。
K10012036891_1908151855_1908151858_01_02

NHK
【【台湾の反応】中国の武装警察部隊 香港近くに集結 抗議活動けん制か】の続きを読む

【香港=木原雄士】香港の航空当局は12日午後、香港国際空港を同日中に発着する航空便をすべて欠航にすると発表した。空港で「逃亡犯条例」改正案に絡む大規模な抗議活動が起き、円滑な業務の運営に支障をきたすと判断した。香港警察は同日、一連の抗議活動の逮捕者が700人を超えたと発表した。市民の間では警察の厳しい取り締まりに反発が強まっている。
12日夕方ごろ時点で、すでに出発ずみの便や搭乗手続きが終わっている便などを除く航空便の運航とりやめを決めた。香港国際空港はアジア有数のハブ空港。5日に管制官や航空会社職員のストライキによって240便以上が欠航になったが、全便を取りやめるのは異例だ。抗議活動が長引き、観光やビジネスへの影響が広がっている。

空港での抗議活動は当初11日までの予定だった。香港警察が11日に各地で行われた抗議活動に絡んで地下鉄の駅構内で催涙弾を使ったほか、至近距離から女性の目に布袋弾を命中させるなどして、市民の反発が拡大した。女性は失明の可能性があるという。学生ら数千人が急きょ空港に集まり、到着客らに香港の現状を訴えた。

10~11日の抗議活動ではデモ隊が移動を繰り返しながら繁華街で警察官にレーザー光線をあてたり、路上で火をつけたりした。デモ隊そっくりの格好をした警察官が突然、デモ参加者を逮捕し始めるなど混乱も起きた。

香港政府は12日未明に出した声明で「法律を完全に無視して警察官や市民の安全を脅かす暴力的な行動に憤慨しており、厳しく非難する」と指摘した。ゲリラ的なデモが「一般市民から日常生活の権利を奪っている」として「違法なデモ参加者を裁判にかけるために、法律を厳格に執行する」と強調した。https _imgix-proxy.n8s.jp_DSXMZO4848896012082019EAF001-PN1-2

【【台湾の反応】激化する香港デモ… 香港国際空港が全便欠航 抗議行動の拡大で】の続きを読む

このページのトップヘ